【長岡】スポーツジムの厳選比較!運動者初心者や女性の方にもおすすめしたい口コミの評判も良いジムをまとめて紹介!

ジム通い初心者必見!スポーツジムを利用する際の一連の流れ

公開日:2021/02/15  最終更新日:2021/03/04

運動を習慣づけたいと入会したジム、運動をするにはジムに行く以外に必要なものはもちろん、持っていくと便利なものがあります。せっかく楽しみにしているジムが台無しにならないように、持っていくと便利なもの、ジムを実際に利用する一連の流れについて紹介します。ジム初心者の方は、ぜひ参考にしてください。

スポーツジムを利用する際の一連の流れ

まず知っておきたいのは、スポーツジムを利用する一連の流れを頭にいれることです。流れを意識することで、この段階でこれが必要なのだと忘れることなく準備することができます。加えて、事前に購入する場合も使用頻度や重要性もわかりやすくなります。

ジム利用のざっくりとした流れ

ジムを利用するには、トレーニングができる場面を連想しがちです。まずは、設備を使用するための受付を行います。受付時に初回で利用する注意点等を説明されます。鍵の管理の仕方含めて解説されますが、それよりも、ジムエリアで持ち込みOKなものNGなものに関してのルール、道具使用のルールはしっかり聞くようにしてください。

実際に、ロッカーに荷物を預けた後、必ず運動前に準備運動を行います。急激な運動は体を壊す原因になるので気をつけてください。実際、有酸素運動やレッスンで体を温める、その後に負荷のかかる筋トレや体操を行い最後にまた有酸素運動や軽い運動を行います。運動した体の筋を伸ばすストレッチを行い、最後にシャワーを浴びて汗を落としてフィニッシュが一般的な流れになります。

ジムに通う際の服装と必要な持ち物

ざっくりとした流れを紹介したところで、ジムに通うためにおすすめの服装や持っていくと便利なものを紹介します。最低限のものと持っていくと助かるアイテムに分けて紹介します。

ジム通いにおすすめの服装

ジムに通うために重要なものに服装があります。ジムに通うからといって無理して高いものを購入する必要はありません。汗をかきやすいため発汗性が良い、生地が軽いスポーツウエアがおすすめです。最低、半袖シャツとハーフパンツは必須です。足を見せるのが怖い、ヨガ等床に座るトレーニングがあるならタイツがセットになっているウエアもあります。最近は外でランニングをする人が増えている影響で、先程紹介した半袖シャツ、ハーフパンツ、タイツ、パーカーがセットになっているウエアもあります。女性は運動の際スポーツブラがおすすめで、胸を締め付けることなく快適にトレーニングをすることができます。

持っていきたい最低必要な荷物

ジムで持っていきたい必要な荷物はウエアだけではありません。室内で運動するためのシューズ、タオル、水分補給のためのドリンクです。トレーニング終了後に着替えをする場合は、服が必要です。スポーツウエアは運動をするために必要なアイテムですが、実際にトレーニングをするために重要なのは、自分のサイズや負荷にならない重さのシューズを選ぶことです。足を怪我すると、トレーニングに行きにくくなるばかりか運動の習慣がなくなってしまいます。

また、運動をしたあとの水分補給はなによりも、トレーニング中自分の好きなタイミングで水分補給することで、体の代謝を良くし怪我を防止します。また汗を拭くためのタオルは汗拭き用と体を洗う場合で2枚か一枚でも吸収力が良いものが便利アイテムです。

持ち込むと人によっては便利なもの

スマホはアプリを使用することでペース配分や好きな音楽を聞くことができるため、利用する人が多いのが特徴です。また、アプリによっては運動負荷等の管理をしてくれる機能もあります。ですが、スマホの重さに耐えることができない人に人気なのはウォッチ型の商品です。腕時計のように装着し、心拍数や歩数を記録するアイテムもあります。音楽を聞くことを楽しみ雨にしている人はイヤホンだけは有線の場合はひっかかる危険があるので、ワイヤレスをおすすめします。帰りにお風呂やスパに行く場合はシャンプーやリンス、女性の場合は化粧品もあるといいでしょう。

スポーツジム利用時のマナー

スポーツジムを利用するにはマナーが重要です。運動をする快適な環境は、皆がマナーを守って成り立っています。そのため最低限守りたいマナーを紹介します。

心地よいスポーツジムの環境を守るために

スポーツジムに通うと仲良しの人ができることがあります。ここで重要なのはあくまでジムでのトレーニング環境はトレーニングをする場所ではなく、会話をする場所ではありません。会話を楽しむなら基本打ち上げ等にするようにしましょう。また声の大きさや言葉遣いは丁寧に心がけることが大切です。

トレーニングマシンを使用する場合、使い方を知らない場合は正しい使い方を聞くこと、そして使ったら元に戻すことです。戻せない場合は、担当の人に聞いて元に戻すようにしてください。マシンの使用時間は必ず守ることが大切です。最後に、汗等がグリップについていることがあるので、汗は拭くようにして、次の人が心地よく使えるようにすることが肝心です。

 

ジム通いをする場合、一連の流れは、受付、着替え、トレーニング、汗を流すまでがセットになります。最低限持っていくのはウエアとシューズ、汗ふきタオルと飲み物ですが、スマホや化粧品、シャンプー等も必要です。ジムでは使用する道具を本来の状態に戻すことが大切であり、わからない場合は聞くことが肝心です。私語を慎むことも、快適な環境づくりに肝心です。

おすすめ関連記事

サイト内検索

長岡でおすすめスポーツジム5選

イメージ
会社名スポーツクラブルネサンス 長岡24JOYFIT 新潟長岡日赤FIT365 長岡古正寺店エニタイムフィットネス長岡七日町店ホリデイスポーツクラブ 長岡
施設エリア万全なコロナ対策!親子3世代で楽しめる総合型スポーツクラブホットヨガスタジオも利用できる総合型スポーツクラブ家族でお得に!いつでも通いたい放題のフィットネスジム国内外4,800店舗以上のエニタイムフィットネスが利用可能初心者対象のフィットネスを楽しめる豊富なトレーニングスタイル
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく